気に入った物件を見つけて楽しく暮らす|人気のお部屋リサーチ

house personal

都心が人気

最近は賃貸派が増加している

日本では歴史的に不動産については所有するという考えの人が多くおりました。欧米では中古住宅の市場が発達しており、所有の場合でも新築とは限らず、中古に住むことにも抵抗がありません。しかしながら日本では新築一戸建てへの拘りが強いため、住宅に掛ける金額も大きく、そのため大きな負担となっています。最近はこの傾向に変化が見られるようになってきており、賃貸派の増加が顕著になっています。通勤や買い物の利便性から都心のマンションを賃貸する層が増加しています。郊外に自宅を購入して長い通勤時間をかけることによって家族との時間を持てないということに対して、通勤時間を短くすることによって家庭生活を充実させようとする考えがあるようです。

最近は物件の質が上がってきている

従来はファミリーを対象とする賃貸物件は物件数も少なく、グレードもあまり高くなかったのが現実でした。分譲と賃貸では大きく仕様を変えることになっていました。しかしながら賃貸派が増加するということに対応するため、最近は賃貸用の住宅においても分譲並の使用を確保しようとする動きが顕著になって来ています。都心の大型マンション開発では、同一敷地内に分譲用と賃貸用を同時に開発する事例が見られますが、両者の仕様においてはあまり差が無くなっている物件も出てくるようになっています。賃貸派にとっては物件の増加によって選択肢が広がっており、満足の行く選択が出来るようになっています。今後もこの傾向は続きますし、高齢者にとっても都心回帰の傾向を後押しするものと考えられます。